アナキラフィシーショックではこばれた病院

もう、本当に死ぬかと思った出来事です。
友人に、松茸と牛肉をもらったからミニバーベキューしようと、当時の仕事仲間に誘われて開催地である友人の家に自転車で行きました。
会は和やかに進みましたが、途中、なんとかく胃が気持ち悪くなりトイレへ。吐きたいにも吐けない。そんな中、また戻って座っていたら、別の友人に、「なんか顔がおかしい!」と指摘され、さらに服を上げると多数のブツブツ、つまりジンマシンが。あわてて友人たちが夜間でも診察してくれている病院を電話で聞いて回ってくれ、近くの救急病院が開いてるとのことで、救急車も呼ばず、友人の嫁さん(お酒を飲んでなかったので)の運転で五分程で病院に到着。説明もよくわからないくらいに呼吸する事さえ苦しくなっていた自分は点滴をしてもらいました。
しばらくすると、だんだん意識も戻ってきたのですが、古い建物に外の部屋から老人のうめき声がしていました。後でわかった話ですが、この病院はそのあとすぐに建て直してすぐ近くに新しい施設を作ってる最中でした。点滴で何とか立てるようにまでなるのに二時間ほどかかったでしょうか?
たまたま、歩いて帰る途中に、入院している老人がうめき声をずっとあげていて、これが聞こえていたうめき声と判明しました。
ただ、呼吸もままならなかった中、助けてもらった思いから、その病院は自分の中では高い評価ですが、付き添ってくれた友人夫妻の言葉では、待っている間の怖い雰囲気が忘れられないと未だに言われます。

看護師転職米子←このサイトは鳥取県米子市の看護師求人情報はもちろん米子市内の病院、クリニックの医療事情を事細かく紹介してくれています。鳥取県民にとっては貴重なサイトだと思います。看護師不足が問題視される中、潜在看護師についても職場に復帰する一因になるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です