突然足が動かなくなった時に行った病院で…

数年前の話ですが、仕事終わりに最寄り駅まで歩いていたら突然足が動かなくなりました。最初はつったのかと思いますが、治る気配がなくその場に倒れ込みました。その日はアルコールが入っていたので、急性アルコール中毒の危険性があると判断した自分は、一緒にいた友人に近くの病院まで連れていってもらいました。そこで、突然足が動かなくなったことを説明したら、もしかしたら脳出血などの疑いも考えられるので検査をしましょうという話になりました。正直、寄っていたのと予想以上に大事になり動揺していて当時の状況はうろ覚えですが、自分がろれつも回っていなかったことから緊急入院することになり、入院の準備が始まりました。これは最悪、長期戦になるかもしれない…そう覚悟しながら当直の先生の準備が終わるのを待っていました。すると、一旦仮のベッドへ移動して欲しいとのことで、足が動かなくなったという自分は当然先生と付き添ってくれた友人が支えようとしてくれたのですが、先生と友人が「あれ?」といった表情をしました。それもそのはず、自分は無意識に足を動かしていたからです。気がついたら、ろれつも治っていました。結局、再度診断した結果、軽い急性アルコール中毒と診断されましたが、万が一のための検査は必要かもしれないと感じました。ですから、お騒がせな医者だとは思いませんでしたし、アルコールは侮れないと痛感させてくれたので、その病院と先生には感謝しています。

http://xn--gmq758aqdv3xs6k8jbxz1b8q2b.com/←ご紹介するサイトは大阪府摂津市のクリニック、病院事情に詳しいです。

僕は摂津市民で、このサイトに出会えたことで街の医療事情について詳しく理解することができました。

病院を利用する側もある程度の知識が必要なんだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です